Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

ヒートショックを防ぐ、床下暖房の家じゅうあったかい、高気密高断熱の家

高気密高断熱の家にして、家じゅうあったかい家にして、ヒートショックを防ぎましょう。
KANO空感設計 では、世の中で一般的な床断熱(床材直下に断熱材を敷く)ではなく、基礎断熱(床材直下ではなく、コンクリートの基礎に断熱)を採用しています。
様々なメリットがありますが、そのなかでも、床下を室内とつながる空間にすることにより、床下空間全体を暖める床下暖房が可能になることが、ヒートショック対策になります。
床下を暖めるために、ランニングコストが安くて効率のいい、エアコンを床下に入れたり、半埋め込みにするので、「床下エアコン」ともいいます。
「床暖房」はよく知られていると思いますが、「床下暖房」はあまり知られていないのではないかと思います。まるで違います。
リビングやダイニングだけの床暖房は、床材直下に温水パネルや電熱シートを敷くだけなので、部分的です。
廊下やトイレや脱衣室など家じゅう設置するとなるとかなりの高額になってしまいますので、なかなか採用できないと思います。
ランニングコストもかかります。

リビングやダイニングだけの床暖房では、廊下に出れば、寒く、脱衣所やトイレは特に。ヒートショックという言葉、ご存じですか? 
ヒートショックとは、急激な温度変化によって血管が収縮・拡張し、血圧を変動させることで起こる人体への悪影響のことです。
さらに、重大な血管事故にもつながることがあります。気温が低い冬場は、家の中でも寒暖差が発生しやすく、特に室温の低い脱衣所やトイレは要注意。
冬場は血管に負担のかかる季節です。
冬場の血管ケアとして、ヒートショックから身を守るための対策が大切です。
ヒートショックは、体に触れる空気の温度の急激な変化によって引き起こされます。
特に冬場に入浴する際、暖房で十分に暖められた部屋から寒い脱衣所に移って服を脱いだ時に、熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が急上昇して引き起こされる、といったケースが有名です。
さらに、寒い脱衣所から浴室に入って温かい浴槽のお湯につかることで血管が拡がり、血圧が急低下し、失神して、溺れてしまうということも少なくはないのです。
突然の温度変化による血圧の上昇・下降は血管に負担をかけるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など取り返しのつかない血管事故につながることも知られています。
急激な温度変化は、お風呂場だけでなく、暖かい部屋から寒いトイレへ移動した時、寒い屋外へ出た時などでも起こり得ることです。
寒暖差によって血管の収縮、拡張が起こりやすい冬場は、血管にとって負担のかかる状況といえるでしょう。

日ごろの生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いかどうか、一度意識してみてください。調査によると、日本では、2011年の1年間で約1万7千人もの方々がヒートショックに関連して亡くなっていたと推計されています。
この数字は、年間の交通事故による死亡者数の3倍以上に上り、いかに多くの方がヒートショックで亡くなっているかが分かります。また、冬の期間、特に1月は、入浴中に心肺機能が停止する人の数が8月のおよそ11倍に達していたとされており、ここにもヒートショックが関係していると考えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加