Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「つながる家/岡崎」 システムキッチンと造作家具カップボード設置

「つながる家/岡崎」の現場監理へ。

よく採用するタカラスタンダードのシステムキッチンが設置されました。
キッチンは、毎日、長い時間、長い年数を使うものですから、見た目や機能だけで選ぶものではないと思います。
耐久性や耐傷性、耐火性、化学物質発生抑制、耐湿性、清掃性など様々な優れたところがあるホーロー製であることが、他社にはない特徴のメーカーです。
扉だけでなく、内部のつくりまで、ホーローです。
ステンレス製キッチン以外のメーカーでは、表面に化粧版を張ってありますが、なかみは、パーティクルボードという木のチップを固めたもので、できています。
収納性や使い勝手もいいです。
ホーローにマグネットが付くので、それを利用した様々な収納の工夫もあります。
食器洗浄乾燥機をシンク下に設置できる唯一のメーカーです。
シンクで洗った食器から、ポタポタと水滴がしたたり落ちて、床面を濡らすことがないです。
この家では、お施主様がシンク横設置を選びました。
シンク下の設置は、どうしても食器洗浄乾燥機が下に下がってしまうので、どちらがいいかは、最終的には、ショールームで体験していただいて、お施主様の判断となります。

↑手元隠し壁の2か所を掘り込んだキッチンニッチを造作でつくりました。タカラのホーロー製キッチンパネルが内部に張り込んであります。よく採用します。調味料入れや調理道具入れに役立ちます。

↑レンジフードはステンレス製の同時給排気方式です。
普通のレンジフードでは排気するだけですので、冬に大量の寒い空気を室内にとりこまないと、排気できません。
同時給排気方式は、レンジフードに外の空気をおくりこむことができ、室内が寒くなりにくいです。

↑左のカップボードは、色合わせをした白い造作家具です。