Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

あいちトリエンナーレ2013納屋橋会場見学

名古屋と岡崎で開催中のアートイベント あいちトリエンナーレ2013の名古屋納屋橋会場に見学に行きました。

ノーフラッシュなら写真撮影OKで、中に入れるものもあり、アートを身近に感じました。



↑この会場で一番気に入った作品です。
室内に持ち込まれた黒い砂の上を歩きながら、ポンプから送られた空気で泡が増殖していきます。
神秘的な美しさがあり、砂の上をざくざくと歩く砂の音、ポンプのぶくぶく音、泡のにおい、冷房の風に生き物のようにゆらめく泡の動きなど、全てが五感を刺激しました。

↑ボーリング場だった会場の記憶を起こさせる作品。

↑ピンが乗ったままレーンが外に飛び出てきて、おもしろいです。
この立地ならではのアイデアというのは、敷地という制約や条件がある建築にもあてはめて考えることができ、インスピレーションを受けました。
次回に続く。