Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

脱原発運動の盛り上がり 

9月19日20日のブログで、節電意識を高めたり、住宅の省エネ化を図って、原発をなくそうという「Forward to 1985 energy life」1985運動に参加したことを書きましたが、他でも、脱原発の流れが大きなうねりとなりつつあります。

19日には、 「脱原発」を目指してノーベル賞作家の大江健三郎さんらが呼び掛けた、「さようなら原発5万人集会」が東京・明治公園で行われ、約6万人(主催者発表)が参加し、震災後最大規模の反原発集会となりました。
詳しくはネットのニュース
さようなら原発1000万人アクション
俳優の山本太郎さんらのメッセージ
山本太郎さんは、原発事故後、すぐに反原発の発言をしたとして、ドラマを降板させられ、所属事務所をやめることになってしまいました。
そして今日のヤフーニュースでは、山本太郎さんらが、7月11日、佐賀県庁で玄海原発2・3号機の再稼働に反対するため、知事に会って嘆願書を渡そうと、県庁に入ったとして、京都(なぜ?何かウラがありそう)の行政書士によって、「不法侵入」として出された告発を、佐賀地検が受理したことが分かりました。
嘆願書提出時の動画
動画には、嘆願書を受け取らないように、机でバリケードをつくる県庁職員と、山本さんがやわらかな口調で問答する様子が。
これが「不法侵入」になるのでしょうか。
 
なんてことなんでしょうか!
日本は「原発がいらない」と言うことも、行政に嘆願することもできない国なんでしょうか!
大江健三郎さんのメッセージ
「イタリアでは国民投票で原発をやめることが決まった。もうイタリアでは、、人間の命が原発によって奪われることはない。しかし私たち日本人は、これからもさらに原発の事故を恐れなければならない。」
私も原発の存続には、反対の立場です。
次回に続く。

2011.09.22「環境
  • このエントリーをはてなブックマークに追加