Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

ゴールデンウィークの行先4 瑞浪市1 美濃歌舞伎博物館「相生座」、旧中山道細久手宿・大湫宿

前回ブログの続きです。
ゴールデンウィークに 岐阜県瑞浪市へ。旧中山道を西から東へ旅しました。
細久手宿近くの美濃歌舞伎博物館「相生座」は、地歌舞伎が盛んな岐阜県(特に東濃)に多く残る歌舞伎舞台のひとつです。
下呂市と恵那市岩村町にあった、歌舞伎舞台をこの地に移築し、複合化し、復元させたものです。

歌舞伎は東京銀座の歌舞伎でしか、見たことがなく、いつか地歌舞伎というものを見たいと思います。
ここ、相生座では年に1回秋に開催されています。
舞台裏や楽屋や地下のまわり舞台装置など、説明していただきながら、見学することができました。

細久手宿の旅館 大黒屋は、うだつの上がる立派な元旅籠です。国の登録有形文化財です。

大湫宿までの旧中山道には、見どころが多くあります。
奥之田一里塚。これを含め、両側に塚が残る一里塚が、瑞浪市内に4つ連続しており、貴重です。

弁財天の池は、透き通った透明な池がきれいです。中島に弁財天が祀られた祠があり、神秘的です。

日本最長の石畳の残る琵琶峠。
 

大湫宿へ。
宿場町の入口にある高札場。

見事な絵天井のある大湫観音堂。しだれ桜は終わっていました。

神明神社の大杉は、とてつもなく、幹が太い巨木です。

脇本陣は非公開でした。国の登録有形文化財です。

本陣跡地の皇女和宮の陶製人形と皇女和宮御歌。公武合体のため、和宮が江戸へ下る途中に、宿泊した地です。

旧・森川訓行家住宅(問屋 丸森 森川家)は、最近、改修工事がなされ、公開されました。国の登録有形文化財です。

次回ブログに続く。瑞浪市2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークの行先3 西尾市歴史公園、西尾城、御劔八幡宮、西尾神社

前回ブログの続きです。
ゴールデンウィークに西尾市歴史公園へ。久しぶりに西尾城へ行きました。
以前来た時は、近衛邸の茶室を見るためでした。庭の枯山水の白砂の部分は、かつての堀の位置を表現しています。

設計した「通る家/岡崎」には、茶道和室があり、その参考にしました。
それ以前に設計した、「回廊の家/岡崎」にも、茶道和室を設けました。
柱や長押を見せた、真壁の本格的な和室です。
床の間、床柱、床の役釘、畳炉、天井に茶釜を吊るす吊金物、水屋、広縁を設け、茶道和室から眺められる、和の中庭を設計しました。

二の丸に、西尾市の歌や解説の流れる時計台があることに気づきました。
「西尾でLaLa」、「矢作川賛歌」、「西尾城」、「西尾茶摘み音頭」、「西尾小唄」の5曲ありました。

西尾城には、かつて二の丸にあった天守は現存していませんが近年、天守石垣が復元されました。
こちらは、本丸丑寅櫓です。

本丸内に建つ、御劔八幡宮に参拝しました。
 夏の西尾祇園祭りは、御劔八幡宮と伊文神社の祭礼です。

同本丸に建つ、西尾神社は、戦没者を祀った神社です。

次回ブログに続く。

 

 

ゴールデンウィークの行先2 刈谷市歴史博物館、西三河フォークジャンボリー2019(in刈谷ハイウェイアオシス)、かつなりくん

前回ブログの続きです。
ゴールデンウィークに刈谷市へ。
3月にオープンした、刈谷市歴史博物館で、「初代刈谷藩主 水野勝成展」を見ました。

 

水野勝成は、徳川家康のいとこです。
家康公の母の於大は、水野家の出身で、勝成の父の姉が於大です。
展示は、家康の家臣として、多くの戦に出陣した様子や、出世して、広島県福山城主時代の功績など、貴重なものがありました。
常設展示室の刈谷城の大きなジオラマ模型では、タブレットを借りて、AR体験をして、動く映像が模型内に現れるのがよかったです。

この博物館の建築デザインのグレードは高いです。
カッコいい!

刈谷ハイウェイオアシスで開催中の西三河フォークジャンボリー2019へ。

ドームのテント広場のステージで、往年の懐かしいフォークソングやニューミュージックを聴き、一緒に歌いました。

楽しいひとときでした。

刈谷市のゆるキャラの、かつなりくんに会いました。子どもたちに大人気です。
ここへ、来る前に刈谷市歴史博物館で水野勝成展を見てきたばかりなので、なんという偶然!

次回に続く。

1 2 3 4 5 1,079