Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

岡崎と聖徳太子3 妙源寺柳堂 聖徳太子を祀る太子堂 聖徳太子十六歳姿の木造孝養太子立像 徳川家康が三河一向一揆勢から助けられ寺名変更

前回ブログの続きです。前回は、「岡崎と聖徳太子2 上宮寺 聖徳太子が建立 聖徳太子直作の聖徳太子像 徳川家康と戦った三河一向一揆の拠点 三河三ヶ寺」
聖徳太子を祀った、妙源寺柳堂が、上宮寺の近くにあります。岡崎市大和町字沓市場65
柳堂は、国の重要文化財となっています。
聖徳太子十六歳の姿 木造孝養太子立像は市の文化財です。
妙源寺は、安藤信平が河内国安部野から、岡崎の桑子城主として来たとき、聖徳太子自作の太子立像を安置するため、聖徳太子を祀る太子堂を建立したことにはじまると伝えられます。
親鸞が関東より帰郷する途中、太子堂に17日も滞在し、説法しています。
現在は太子堂を柳堂と称します。堂の前に柳の木があることが由来です。
徳川家康が三河一向一揆の際、見方になってくれ、本寺に身を寄せ難を逃れたことを感謝し、源氏の「源」の漢字を与え、明眼寺(みょうげんじ)から、寺名を変えました。
家康公の先祖の松平氏の始祖である、松平親氏は、清和源氏系河内源氏義国流得川氏(徳川氏、世良田氏)の末裔です。

木造孝養太子立像

妙源寺柳堂(みょうげんじやなぎどう)
https://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/bunkazainavi/yukei/kenzoubutu/kunisitei/0005.html

妙源寺 (岡崎市) wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%E6%BA%90%E5%AF%BA_(%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%B8%82)

妙源寺
https://www.city.okazaki.lg.jp/1550/1575/1662/p021485.html
https://okazaki-kanko.jp/point/490

妙源寺(チャンネルおかざき「街ぶらり~岡崎発見隊~」 平成28年3月11日~20日放送)
https://www.city.okazaki.lg.jp/910/1765/p020127.html

次回に続く。「岡崎と聖徳太子4 満性寺太子堂 聖徳太子二歳姿の南無仏像と太子直筆の阿弥陀経、三河一向一揆で徳川家康に味方」