Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

液状化対策の地盤補強工法2 液状化現象の起きた場所・被害

前回のブログの続きでについてです。
地下水位が高い、砂質地盤は、大地震時に液状化が起こりやすいです。
揺れる時間が長ければ、震度が小さくても液状化が発生します。
一度、液状化した土地は、再液状化する可能性が高いです。

最近では東日本大震災で、千葉県浦安市(ディズニーランド周辺)などで大きな被害が出て、テレビ等で注目されました。
東日本大震災による液状化被害26,914棟のうち、千葉県で18,674棟、そのうち、浦安市8,700棟です。
茨城県も多く、6,751棟です。
以下の動画は、液状化現象発生時及びその直後です。
千葉・浦安市の東京ディズニーリゾート近くで液状化現象
 地面が揺れ、水が噴出する様子。ディズニーランドの駐車場が液状化し、どろまみれです。
 歩道から1mも上に飛び出たマンホールと枡。電柱や道路の傾き。 
 給水管や下水管の破断や排水勾配がとれないことにより、流せない状況。
      
浦安の被害地は海を埋め立てた沿岸部なので、「液状化は沿岸部だけで起こるもの」と、勘違いされている方もいるかもしれませんが、内陸部でもおきます。以下の動画をご覧ください。

東日本大震災 千葉県香取市 液状化被害 
 内陸の利根川流域で液状化し、最大80cmの地盤沈下により、建物と地盤や道路と大きな段差が生じています。
 家が道路よりも沈下している事例もあり、雨が降ると、家内に浸水の懸念があります。
内陸でも…千葉県に広がる液状化現象の被害 
 我孫子市(埼玉県近く)や香取市 内陸の利根川流域で液状化。家が傾いています。
 
関東地方における液状化発生分布をみると、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都6県で液状化の発生が確認されています。
最北端は栃木県大田原市、最西端は埼玉県熊谷市、最南端は千葉県南房総市、最東端は千葉県銚子市でした。
液状化の発生は東京から千葉にかけての東京湾岸及び利根川下流域に集中してみられ、その他、川崎・横浜方面、那珂川や久慈川方面、利根川中流、鬼怒川・小貝川流域、古利根川流域に散在しています。

関東地方全体で少なくとも96の市区町村で液状化の発生が確認されました。
県別にみると、震源に近い茨城県が36市町村で最も多く、次いで千葉県が25市町となっています。
次回に続く