Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「ホワイトアクア/西尾」 空気層をもつハニカム構造断熱ブラインド その2

前回ブログで、空気層をもつハニカム構造断熱ブラインドを紹介しましたが、こちらはそのカタログの一部です。

↑ハニカム構造断熱ブラインドの断面写真で、特徴を分かりやすく伝えている表紙。
中央がダブルハニカムで空気層が横に2重にあり、上のほうにあるのがシングルダブルハニカムで空気層が1重です。

↑採光か遮光か、空気層が1重か2重か、3種類の厚みの違いなど、いろんなタイプがあります。
操作方法も4タイプあります。

↑一番の特徴はなんといっても、高い断熱性です。

↑冬だけでなく、夏の遮熱にも役立ちます。

↑インテリアがすっきりとします。
上下に可動するので、カーテンのように窓わきにカーテンをたたんだ時のカーテンたまりスペースが不要です。
ドレープカーテンやレースと併用することもできます。

↑年間冷暖房費を抑えることができます。
同様な機能をもつ商品は、他社製(ほとんどが輸入品)で少ないながらもあり、採用したり(セイキ総業ハニカムサーモスクリーン)、検討したり(キューセントのシェルシェードハンターダグラスデュエット)したこともありますが、高価なのがネックです。
このP.V.ソーラーハウス協会ハニカム構造断熱ブラインドは、安いのも魅力です。
私たち、KANO空感設計が窓口となって取り扱っています。