Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「ホワイトアクア/西尾」 空調ロス対策のリビングと階段との仕切

「ホワイトアクア/西尾」は、基礎断熱、耐力面材モイスTM、遮熱透湿防水シート、新聞紙を粉砕した綿状断熱材のセルロースファイバー遮熱フィルム付断熱材棟換気、アルミ樹脂複合サッシ(一部)にしたり、Low-E(ロウイーと読みます)ペアガラス、スイス漆喰など様々な対策により、高気密高断熱高遮熱となっています。
そのうえで、空調ロス対策として、リビングと階段との間を仕切れるようにしています。

冬に、エアコン等暖房器具により、暖まった暖気は軽くなり、階段があれば、上がって行ってしまいます。
それをくいとめることができます。

↑階段脇の三角形の部分には、写真では分かりにくいですが、透明のアクリル板がはまっています。
視覚的にリビングと一体に感じられ広く見えるとともに、階段からの落下対策にもなっています。
階段上部の2階北窓からの光を、リビングへ落とす目的もあります。

↑光の効果を確かめるために、リビングの南窓を閉めてみました。
階段の向こうには、通風目隠塀で囲まれた、1坪の光庭があり、自然を身近に感じながら通風採光できます。

空調エリアを区切ることにより、空調すべきボリューム(気積)を減らし、空調ロスを抑えることができます。
階段北窓から冷気がおりてくる現象「コールドドラフト」をリビングに影響させないためでもあります。

↑階段の上り始めには引戸があり、閉めることができます。

↑引戸を開けたところ。冬以外は、引戸を開けて通風できます。
引戸及び脇のFIX(はめころし)アクリル板には、グラデーションフィルムが張ってあり、下から上に上るにつれ、だんだん透明になっていきます。
その目的は、透明アクリル板に手で触った時の指紋が付いても、目立たないようにするためと、衝突防止です。
透明だと、存在が希薄であり、引戸が閉めてないと思って、通過しようとした時に、閉めてあると、ぶつかってしまいます。
グラデーションフィルムのおかげで事前に引戸が閉まっているかどうか察知することができます。