Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「ホワイトアクア/西尾」 屋根裏の熱気と湿気を排気する棟換気

「ホワイトアクア/西尾」 の現場へ。

2階屋根は、切妻屋根です。

切妻屋根の棟部(頂部)には、棟換気を内蔵した、棟が現場加工でされています。
棟換気とは屋根裏(「小屋裏」が専門用語)のこもった湿気や熱気を抜くために、棟に設置する換気部材です。
ファンがあるわけではなく、あつい熱は上昇することから、棟に穴が空いていれば、排熱されるわけです。
しかし、雨が入ってはいけないので、特殊な換気部材リッヂベンツを採用しています。

↑断面はストローをたばねたようになっていて、表面張力によって、雨は入らず、排熱することができます。
この換気部材の上にガルバリウム鋼板の板金で巻いているので、見た目がすっきりしています。