Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「刈谷の懐/廻の家」 1年点検、住み心地ヒヤリング

古民家スタイルの「刈谷の懐/廻の家」の1年点検に行ってきました。
外壁や内壁のしっくいは、きれいなままでした。

お施主様から、1年を通しての住み心地をお聞きしました。
夏は風通しがいいそうです。
高窓から風がよく入って、抜けるそうです。
冬は、居間の東と南に設けた廻り広縁の雪見障子を全閉して、暖房空間を小さくしてすごすそうです。
階段吹抜上部のシーリングファン(天井扇)を回して、階段上へあがってしまう暖まった空気を1階へ下しているそうです。
床暖房はなく、輻射式遠赤外線セラミックヒーターのサンラメラを使っています。
縁側、深い軒や庇など古来からの民家に見られる、日本の気候や風土に合わせた家のつくりようは、現代でも有効だと思います。