Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

あんじょう エコ ライフ フェア イン さくらい

安城市桜井は、大規模な区画整理が行われ、次々に新しい住宅や店舗などが建っている、新しい注目の街です。
日曜日に、家族で、「あんじょう エコ ライフ フェア イン さくらい」というエコイベントに行ってきました。
会場は、桜井福祉センターです。
エコな暮らし、住まい方をしましょうという啓蒙イベントで、一般の市民が主な対象です。
今すぐにできること、例えば、生ごみ処理機や、雨水タンクなどの紹介などがありました。

先日のブログの関東建築旅行 その6で紹介した、環境創機のソーラーハウス「そよかぜ」の実動モデルがありました。
先日、環境創機の本社でお会いした営業マンもいらしてました。
昨年末に、市が推進する環境に配慮した環境共生型住宅エコタウン桜井が、5棟竣工しており、それらを施工した工務店のPRブースもあり、知っている工務店の営業マンともお話しをしました。
それらのうち2棟に「そよかぜ」が採用されており、1棟にOMソーラーが採用されています。
これらが見られるかなと期待したのですが、人が住んでおり、見ることはできませんでした。
引っ越しのタイミングで見学会があるそうなので、教えてほしいと頼んでおきました。
(イベントに行った後、ミニ遊園地のような堀内公園に行く途中に、エコタウン桜井の外観は見ました)

屋外イベントスペースには、チリウヒーターの太陽熱給湯パネルの展示がありました。
チリウヒーターには、セルローズファイバー断熱材の施工を何度かやってもらっているので、今後、施工を行う「(仮称)岡崎の住宅」の工事について、営業マンとちょっと打合せしました。
「(仮称)岡崎の住宅」では、タンク地上設置型の太陽熱給湯パネルを設置します。(別のメーカーで設計したので、そのままそのメーカーで施工されることになると思います)
見栄えは、ちょっと小さめの太陽光発電パネルと変わらないかんじで、すっきりしています。
太陽利用というと、太陽光発電ばかりに注目が集まっていますが、「そよかぜ」や太陽熱給湯パネルのように、太陽熱利用をもっと考えていくべきだと思いますし、国や自治体も、もっと補助金を出して、普及に務めてほしいと思います。
今回のイベントでは、パッシブハウスや地熱利用についての紹介はありませんでしたが、今後は、ぜひ紹介していただけるといいと思います。
それらによって、節電が進めば、原発をなくしていくことの一助になると思います。