Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

原発の危ない立地 福井の原発 その1

昨日のブログの続きで、「脱原発」についてです。
東海地方というくくりで考えると、静岡県御前崎の浜岡原発しかないので、福井の原発 は、なじみが薄いかんじがしますが、中部地方である福井県の原発群と、岡崎からは、距離的にはほぼ同じです。
名古屋あたりだと、福井の原発のほうが近いのです。
名古屋-敦賀原発  90Km 
名古屋-浜岡原発 120km
東北の距離感でいえば、福島第一原発から、90kmというと宮城県仙台市や茨城県常陸太田市(水戸市よりも20km北)や栃木県那須塩原市(宇都宮市よりも40km北)なのです。
東京は福島第一原発から、200kmも離れているのに、放射能の被害があるのです。
放射能被害の大きい、福島県郡山市や福島市は60kmです。
90kmしか離れていない名古屋は、原発に近すぎるのです。
福井の原発から、岐阜市や京都市まで70km、大阪市や神戸市まで80kmと、名古屋よりもさらに近いのです。
福島の原発や新潟の原発が、なぜ、東京から、何百キロも離れた場所にあるのか。
(しかも福島と新潟は東北電力管内であり、東電とは関係ない地域です)
それは、万一の放射能もれを想定していたからです。
その観点からいえば、関西や名古屋の大都市圏に近い、福井に原発が存在するのは、危険な状態です。
しかも、日本一の密集度から、「原発銀座」と呼ばれるほど多く、15基(日本の原発数の3割弱)もの原発が若狭湾沿岸に立地しています。
万一、これらの原発が、地震や津波で、福島第一原発のような事態やそれを上回る被害になってしまったら、放射能は風に乗って舞い、北陸どころか、東海、関西という大規模人口集積地、産業集積地に、壊滅的な被害を及ぼし、日本全体がだめになってしまいます。
フランス放射線防護原子力安全-研究所による福島第一原発からの放射能拡散推測シュミレーション動画
ドイツ気象庁による福島第一原発からの放射能拡散推測シュミレーション動画
これらを見ると、風にのって、広範囲に放射能汚染されることがわかります。
福井から関東や東北、北海道、さらに西日本にも及ぶと予想されます。
次回に続く。