Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

原発の危ない立地 浜岡原発

昨日のブログの続きで、「脱原発」についてです。
脱原発運動が盛り上がりを見せるなか、原発をなくすことに向けて、何か、自分でも、できないかと考え、まずは、ブログで脱原発について、とりあげて、みなさんに知らしていこうと思いました。
私たち自身は、こうしたことぐらいしかできず、微々たることしかできませんが、同様な考えをもった人たちが増えて、「脱原発」の世論をつくっていくことが大切です。
できれば、私たちのブログの各記事にリンクを張って、ブログやツイッターやフェイスブックで広めてもらえたらと思います。
私たちのブログは、家づくりが中心ですが、家とは、家族の体や健康を守るのが第一の目的であるべきと思います。
そういう観点から、家の回りにある、健康を害する恐れのあるものを排除したいという気持ちになるのは、当然ではないでしょうか。
私たちのブログを読んでいる方のなかには、原発関係者や原発がなくなると困る人もいるでしょう。
しかし、自分の良心が、だまっていることを抑えられなくなったのです。
それは、原発関連について、特にこの地域(愛知・岐阜)に大問題となる、ある衝撃的な恐ろしい事実を知ってしまったことが、きっかけです。
その事実とは何か、今後のブログの中で、あきらかにしていこうと思います。
ほとんどのマスコミは、原発タブーです。
マイナス情報は報道がされないのです。
反原発につながるような情報は、自分からネットなどを使って、探しにいかないとわかりません。
なので、私が取り上げるのもネット情報が中心になります。
ネットの情報が正しいかどうかの判断はみなさんにおまかせします。
第一弾は、静岡県の御前崎にある、浜岡原発についてです。

前総理が、浜岡原発を停止させたのは、東海地震の震源域の直上にあること、津波対策が不十分であり、被災した場合は、首都圏などに大きな被害が及ぶと想定されたからです。
東海地震については、今後30年以内にマグニチュード8以上の地震が起きる可能性が87%以上あると考えられ、いつ起こってもおかしくない状態と言われています。
さらに、東海地震単独よりも、地震規模がはるかに大きくなる、東南海地震、南海地震との三連動地震の可能性が高いとされています。
危ないから原発を止めたのです!

近くには、活断層もあり、東海地震が起こるようなところに、なぜ原発をつくってしまったのでしょうか?
本当に地震に耐えられるのでしょうか。
浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る
上記記事の続きとして東海地震に耐えられない浜岡原発の危険性
浜岡原発の設計者であった谷口雅春氏の告発です。
6年前に書かれた記事ですが、もし、改善が図られていない場合は、大問題だと思います。
なぜ浜岡は世界で一番危険な原発なのか?
浜岡原発は、現在、2年間限定で停止しているだけです。
新しい大きな防波堤ができたら、原発は再稼働してしまいます。
次回に続く。